左近の桜
 春4月に大極殿の前で左近の桜(さこんのさくら)が白い花を咲かせます。右近の橘に対する左近の桜は、平安時代に紫宸殿の前東側に植えられた桜の傍に儀式の時に左近衛府の官人が並んだことから「左近の桜」と名付けられました。

平安神宮
 平安神宮は明治28年(1895)に平安遷都1100年を記念して創建された神社で、平安京を創始した桓武天皇と平安京最後の天皇・孝明天皇を祭神としてお祀りされています。

平安神宮神苑
 平安神宮の社殿を囲むように広がる庭は明治を代表する回遊式庭園として国の名勝に指定されています。南・西・中・東の四つの庭で構成される庭は約33,000平方メートルもあり、春の桜、初夏の菖蒲や睡蓮などそれぞれの季節に美しい花を鑑賞できます。冬の雪景色も見事です。
 東神苑の中心を占める大きな栖鳳池(せいほういけ)は大宮人の舟遊びを想定して造られました。泰平閣(橋殿)は東山連山の借景と調和して、特に春の八重紅枝垂桜の満開の頃が拝観の人々で賑わいます。貴賓館の尚美館(しょうびかん)が池端の桜とともに水面に影を落とします。西神苑、中神苑も桜の花の白やピンクに彩られます。。

平安神宮(平安神宮)
 平安遷都千百年の明治28年(西暦1895年)に創建された神社で、桓武天皇と孝明天皇を祭神としてお祀りされています。

平安神宮の桜
 4月初旬に平安神宮の外拝殿(大極殿)の前の左近の桜と名付けられている大きな桜が咲きます。少し遅れて国指定名称の平安神宮神苑の桜が咲き揃います。
 東神苑の栖鳳池のほとりに建つ尚美館と水面に映る紅枝垂桜が特にきれいです。

平安神宮の拝観参拝 境内拝観参拝自由
平安神宮神苑拝観 600円
平安神宮の所在地 京都市左京区岡崎西天王町
拝観時間 6:00~18:00
神苑拝観時間 8:00~17:30(但し冬季は16:30迄)
平安神宮への公共交通機関
 京都市バス「京都会館美術館前」下車(京都駅前から5系統又は100系統)
 市営地下鉄東西線「東山」下車徒歩約10分
駐車場 京都市営岡崎公園駐車場(平安神宮の南東に隣接する大きな駐車場)
    普通車1時間500円(以降30毎に200円追加)

スペース400

▼大極殿の前で咲く左近の桜

京都桜平安神宮80-1

▼平安神宮東神苑の尚美館と水面に紅色の影を映す枝垂桜

京都桜平安神宮80-2

▼平安神宮境内の東に建つ昇龍楼と回廊の屋根から覗く神苑の桜。

京都桜平安神宮9

▼大極殿から東に続く蒼龍楼廻廊と東神苑の紅枝垂桜

京都桜平安神宮1

▼東神苑の紅枝垂桜が蒼龍楼廻廊の屋根の上に見えています。

京都桜平安神宮2

▼平安神宮大鳥居と岡崎疏水を行く十石船

京都桜平安神宮3

▼平安神宮東神苑の池を渡る泰平閣(橋殿)

京都桜平安神宮4

▼平安神宮東神苑

京都桜平安神宮5

▼中神苑の臥龍橋と桜

京都桜平安神宮6

▼西神苑の桜

京都桜平安神宮7

▼平安神宮の神苑の池に影を映す紅色の枝垂桜

京都桜平安神宮8

▼外拝殿(大極殿)の前の左近の桜

京都桜平安神宮461

▼平安神宮東神苑の尚美館と枝垂桜

京都桜平安神宮462

▼琵琶湖疏水を行く十石船と平安神宮大鳥居

京都桜平安神宮463