京都を代表する神社・平安神宮は明治28年(1895)に平安奠都1100年を記念して創建され、平安京を創始した桓武天皇と平安京最後の天皇・孝明天皇をお祀りしてあります。

 社殿は、平安京の政庁の中心であった朝堂院(ちょうどういん)を、約8分の5の大きさで復元しています。

 岡崎の神宮道を跨ぐ国の登録有形文化財の大鳥居をくぐると、緑色の瓦を乗せ、朱に塗られた二層の応天門があります。

 中央正面の外拝殿は大極殿(だいごくでん)で一層入母屋造(いりもやづくり)の大きな建築物です。

 大極殿から左右にのびる回廊の両端に楼閣があり、東は蒼龍楼(そうりゅうろう)、西は白虎楼(びゃっころう)で平安京を忠実に復元されています。これらの建物はいずれも京都市の指定文化財となっています。

 本殿の背後には約3万平方メートルもの広い神苑があり有料(600円)で公開されています。4つの池を中心とした池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)の庭園は桜、菖蒲、睡蓮など各季節ごとの花を観賞でき、国の名勝に指定されています。

  京の都が華やかだった平安時代の風俗絵巻が10月22日の時代祭で、京都御所から平安神宮までの都大路に繰り広げられます。

平安神宮(へいあんじんぐう)
 平安遷都千百年の明治28年(西暦1895年)に創建された神社で、桓武天皇と孝明天皇を祭神としてお祀りされています。

平安神宮の桜
 4月初旬に平安神宮の外拝殿(大極殿)の前の左近の桜と名付けられている大きな桜が咲きます。少し遅れて国指定名称の平安神宮神苑の桜が咲き揃います。
 東神苑の栖鳳池のほとりに建つ尚美館と水面に映る紅枝垂桜が特にきれいです。

平安神宮の参拝、拝観 境内参拝、観拝自由
平安神宮神苑の拝観料 600円
平安神宮の場所
 京都市左京区岡崎西天王町
拝観時間 午前6時~午後6時
神苑拝観時間
 午前8時~午後5時半(但し冬季は午後4時半迄)
平安神宮への電車とバス
●地下鉄東西線「東山」下車徒歩約10分
●市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車 徒歩約3分
(京都駅前から5系統又は100系統)
駐車場
 京都市営岡崎公園駐車場が平安神宮の南東にあります。
 普通車1時間500円で、それ以降は30毎に200円追加料金が必要です。

隙間400

▼左近の桜は大極殿(外拝殿)の前で咲く桜です。

桜の平安神宮11

▼東神苑の楢鳳池に浮かぶように建つ尚美館と紅色の枝垂桜。

桜の平安神宮12

▼境内の東に建つ蒼龍楼と大極殿に続く回廊。

桜の平安神宮9

▼蒼龍楼廻廊の屋根から覗く東神苑の紅枝垂桜。

桜の平安神宮1

▼蒼龍楼廻廊の屋根の上に東神苑の紅枝垂桜が見えています。

桜の平安神宮2

▼岡崎疏水を東に向かう十石船と平安神宮の大鳥居。

桜の平安神宮3

▼泰平閣(橋殿)は東神苑の池を渡ります。

桜の平安神宮4

▼橋殿(泰平閣)と枝垂桜

桜の平安神宮5

▼中神苑の臥龍橋は古い三条・五条両大橋の橋脚の石材です。

桜の平安神宮6

▼平安神宮の西神苑で紅色の花を広げる枝垂桜。

桜の平安神宮7

▼紅色の枝垂桜が神苑の池に影を映しています。

桜の平安神宮8