北観音山(きたかんのんやま)

北観音山
 北観音山がひときわ豪華な懸装品で飾られているのは、かって町内に松阪屋や三井家などの豪商が住まいしていた為だそうです。

 「上り観音山(のぼりかんのんやま)」とも呼ばれる北観音山の山舞台に安置されている御神体人形は本尊の楊柳(ようりゅう)観音像と脇侍の韋駄天(いだてん)立像です。

 以前は屋根の無い山として巡行していましたが、江戸時代後期の天保4年(1833)からは鉾と同じ飾り屋根を付けた曳山として巡行しています。

 下り観音山ともいわれる南観音山とは車輪を共通で使用できたり、同じ所から取り寄せた2本の真松を抽選で使用を決ると説明されています。
破風の彫刻
 精緻な鱗板木彫で彩色された雲鶴図は周りの金具とともに天保4年(1833)に片岡友輔により作られました。(この頁の中下の写真)

下水引
 豪華に山を巻いている下水引きは「金地関帝祭礼王侯行列図伝」で、金地に王侯行列を緻密に刺繍したもので、百数十年ぶりに復元新調され、平成27年の巡行で北観音山を飾りました。

 この頁の下の写真は四面のうちの三面の一部分です。 鮮やかな二番水引は「牡丹唐草文」綴錦、三番水引は「金地牡丹文」錦織を掛けています。

前懸、胴懸、後懸
 
中東やインドなどで織られた絨毯が使われています。

柳の大枝
 山の右後から柳の大枝を差し出しています。

 この柳は楊柳観音の主旨に由来するもので、24日の巡行を終えた後で厄除けのお守りとして授与されます。

北観音山の山鉾町
 京都市中京区新町通六角下る六角町